匙・器|酒井 邦芳

sakai Kuniyoshi

2006|2008|2010|2012年|2014年  出展

 


1958年長野県生まれ。

高校卒業後、輪島にて伊川敬三氏に蒔絵を師事。1984年、石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科卒業。91年、同所髹漆科卒業。

1995年まで同所専修科蒔絵助講師。03年、信濃美術館「食の器」展で最優秀賞受賞。

 

 

〒399-0738 塩尻市大門7-9-19

0263-53-1859

>http://urushi-saji.sakura.ne.jp

作品とコメント

もみじ拭漆盛器・もみじ一閑貼錫地盛器(写真手前)


W=27cm H=9cm  W=24.5cm H=10cm(錫粉)


もみじの生木をたて割りした後、クロ挽きをして形成します。その後養生しながら乾燥させて、豆鉋で内・外側を仕上げ拭漆を10~15回施し乾燥と研ぎを繰り返し行いました。
錫粉の器は拭漆の後、和紙を2枚貼り、錆漆で固め錫粉を蒔き黒漆を薄く塗り拭き取って仕上てあります。

山桜朱塗り大椀


φ17cm H=7.3cm


ロクロで仕上げ、麻布を上縁と身つけに貼り、外側は錆漆で刷毛目を付け本朱漆を塗りました。
朱塗りの変化で用の美を意識しました。

山桜杓子(お玉)

 

大=W33cm 中=30cm 小=27cm
荏油仕上げ

 

鉋・ノミ・センの削り肌を生かしました。使いやすいように柄と皿の角度に注意して制作しています。

近況はこちらから!

参加している作家さんの展覧会の情報などをフェイスブックに掲載しています。ぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/kinotakumi


フェイスブックに登録していない方でも見ることができます