指物|前田 大作

maeda Daisaku

2008|2010|2012年|2014年  出展

 

1975年生まれ。松本深志高校卒。千葉大学にてデザインを学ぶ。

家具メーカー勤務後、家業である木工芸に就く。

主な制作に着物箪笥、白木重箱。

2009年東京銀座・和光「時代をつなぐなかまたち」展など。

2011年銀座和光ホールにて父純一と親子展。

 


〒390-0222 長野県松本市入山辺8961-1345
0263-31-2150

>http://www.atelier-m4.com

 

工房探訪記

作品とコメント

鰹節削り


w100 * d280 h100


信州カラマツ材を使った鰹節削りです。
鏡板にはケヤキ材をもちい、また引き手も鉄で自作しています。

丸箱


Φ80 * h60


挽物の丸箱です。
目積みの良いカラマツを選ぶことで
繊細な形になるように心がけています。


w700 * d500 h680


杉材を使った小さな机です。
学習机として使い始め、長く使い続けられるようにと
考えながら制作しています。

近況はこちらから!

参加している作家さんの展覧会の情報などをフェイスブックに掲載しています。ぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/kinotakumi


フェイスブックに登録していない方でも見ることができます